FC2ブログ

2016'07.04 (Mon)

耳抜き 舌の動き

舌の動きのレントゲン写真です、耳抜きのイメージングに役に立ちます。

リンク先は下記。

耳抜き 舌の動き

舌の動き レントゲン写真


スポンサーサイト



06:30  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2015'03.23 (Mon)

耳抜きによる圧平衡方法の種類

 耳抜きによる中耳空間の均圧を上手くおこなえば中耳、内耳の圧外傷を予防することができる、水中で水深が変動するごとにこの均圧が必要である。

頻繁に耳抜きをして耳に不快感を感じる前に圧平衡をおこなう。

深度が浅いほど気体の容積変化量が大きいので(ボイルの法則)浅いほど、頻繁に耳抜きを行い必要がある。

耳に損傷を与えないようにあまり力まないで耳抜きを行う。

熟練したダイバーは潜行前にすでに通気の動作を開始しており、簡単に耳抜きができる。

ダイバーの耳管通気について研究したファーマー氏によると潜行を開始して鼓膜の圧力を感じる深度はたかだか0.7mである。

この時、鼓膜に内外圧差も約0.7mで鼓膜と耳小骨は内側に牽引されて耳痛を覚える。

上気道感染症にかかると咽喉や耳管開口部が鬱血して耳抜きがうまくいかなくなる。

鼻炎、アレルギー性鼻炎、喫煙習慣などがあると同じような悪影響がある。

このような状態でダイビングをおこなうのは好ましくない。

*潜水前ダイビング注意ポイント 

潜行前に水面で耳抜きを行う、鼓膜が少しだけ外側に膨らみ、圧平衡ができることが確認することがでる。最初に潜行時に耳抜きを忘れても多少の余裕ができる。

1mほど潜行するごとに耳抜きをおこなう、これは『先取り耳抜き』といって耳に痛みを感じてから耳抜きを行うより楽に耳抜きができる。
どうしても耳抜きができない場合は耳管がロックされた状態となってしまって圧平衡ができないのでそれ以上の潜行は中止する。

これは中耳と咽喉との差圧が大きいために耳管開口部が塞がれているためである。

このような時は少しだけ浮上して耳抜きを繰り返す。

耳抜きができない場合はダイビングを中止する。

足先から潜行すると耳抜きはヘッドファースト潜行よりもずっと楽に行える。

また、片方の耳だけが耳抜きが悪い場合は悪い方の耳を水面に向けておこないと抜けやすくなる。

以下に潜行中の耳抜きのいくつかを紹介する。

バルサルバ法:Valsalva maneuver

この方法は簡単で最もよく使用される。

やり方は鼻をつまんで口を閉じ、ゆっくりと肺から息を送り出す。

こうすることにより咽頭内の空気の圧力が高まり、耳管をとおして中耳内に空気が送り込まれる。

咽喉内に感染源があるとこれも耳管を通して中耳内には入り込み、感染症を引きおこす。

上気道感染症があるときダイビングを避けなければならないもうひとつの理由がここある。

バルサルバ法を行うときは顎を動かしたり、下顎を前に突き出しようにすると耳管の通りが良くなります。

バルサルバ法の欠点は息を吹き込み過ぎると内耳損傷を引き起こす可能性があります。

もうひつつの欠点としてはヘルメット潜水器を装着していると指で鼻をつまめないことです。下記にYoutubeで公開しているバルサルバ法を紹介。


フレンツェル法:Frenzel maneuver

耳管に穏やかに空気を送り込み、耳管を開く方法です。

具体的には鼻をつまみ、唇をマウスピースに蜜着させ、声門を閉じ、舌の後方を軟口蓋(咽頭の奥=上咽頭)に押し当てる方法である。
この動作は口腔と上咽頭に捉えた空気のかたまりが筋肉の収縮により開いている耳管に穏やかに押し込むことができる。

現在、最も安全で確実な方法としてフレンツェル法が良いとされている。

というもの、耳管通気は最小の空気量で中耳腔を外耳道圧(ダイビングでは水圧)に平衡させなければならない。

この耳管通気の空気量は平均 毎秒1.3mlであり、潜行時には浅い深度ほど、ボイルの法則がきいて気体容積の変化がおおきい。

このため、海水から水深 5m までが通気の良し悪しを決めることになる。

下記にYoutubeで公開しているフレンツェル法を紹介。



トインビー法:Toynbee maneuver

鼻をつまんで唾を飲みこむ動作をして耳管を開いて中耳に空気を入れる方法です。

この方法では耳管が一瞬、開きますが少量の空気しか中耳に入り込みません。

バルサルバ法より効果的ではありませんが耳に損傷を与えない方法です。 

*嚥下運動が起こると口蓋帆張筋が収縮して耳管を開く中耳腔産出のガスが耳管を通って外に出る(大気圧環境)上にYoutubeで公開しているトインビー法を紹介。



ヨーング法:Yawning
 *あくびをすると耳管が開放し、鼻腔内の空気が中耳腔の送り込まれることにより耳抜きが 可能となります。空気を無理に送り込まない方法なので、耳管に負担をかけない安全な方法です。

フリーハンド法:(French: béance tubaire volontaire (BTV) )

欠伸をすると自然と時間が開きます。

耳管は唾を飲んだり、欠伸をした時に瞬間(0.3秒)だけ開閉します。

l耳管閉鎖症の訓練

退化している耳管開口部とその周囲、耳管全体、耳管峡部との周囲の神経と連動する筋肉をトレーニングして、意識して耳管を開く訓練をします。

普段使用していない筋肉、神経をはじめは意識して動かすことから始めます。

下記にYoutubeで公開していをBTV法を紹介。





16:36  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2015'03.11 (Wed)

耳のスクイズ (squeeze:押しつぶす)

5.耳のスクイズ (squeeze:押しつぶす)

1)潜行時の中耳圧外傷(中耳スクイズ)

耳の圧外傷は潜行時に起こりやすく、最も起きりやすい場所は中耳です。
スクーバー受講生の約30%は程度の差はあれ耳の圧外傷を起こします。

耳抜きがうまくいかないと水圧により鼓膜が内側に押しやられ、耳に水圧を感じる。

それと同時に中耳内の圧縮され減少した空気容積に相当する血液、リンパ液によって補われるので中耳内壁は膨張する、極限に達すると中耳内に出血したり、リンパ液が参出する。

ear


圧外傷が起こる深度は中耳の空洞の大きさ、鼓膜の弾力性によって決まる。
通常は水深1~2mで起こるのでそれまでに耳抜きをしないと中耳圧外傷が起こる危険が高くなる。

中耳外傷の最初の危険信号は耳で水圧を感じることである。
水圧の知覚が痛覚に変わり、影響を受けている場所が激しく痛み出す。
圧平衡ができないと潜行するにしたがってこの痛みは増す。

そのまま、潜行すると鼓膜が破裂し、水圧や痛みは感じなくなり、代わりに耳の中に冷感を感じる。
これは中耳に海水が浸入して平衡器官付近の骨や組織を冷やすからである。

そうすると熱移動によって平衡器官内のリンパ液の移動が起こり、平衡器官を刺激してめまいを感じる。また破裂した鼓膜から中耳へと侵入した海水は耳管を通して咽喉まで達することもある。

耳の外傷、特に鼓膜破裂はめまいを起こす。
このめまい感覚は平衡失調(バーティゴ)と呼ばれる。吐き気をともなうこともある。

軽度の圧外傷は潜水後に耳の中に不快感を感じたり、軽い痛みを感じる。
また、耳の中に水が残っているような感覚や、自分の声が違和感のある音声に聞こえたりする。

ガムをかんだり、唾を飲みこんだり、顎を左右に動かしたときに中耳に溜まっていた血液、リンパ液の気泡がはじけて破裂音がすることがある。

浮上中に中耳に閉じ込められた空気が膨張して、中耳に溜まった血液を耳管に押し出すこともある。
浮上後、鼻血を出したり、唾液に血が混じっていたりするはこのためである。

eardrum1.png 


『鼓膜破裂写真』鼓膜にスリット状の亀裂


治療:

中耳圧外傷を経験したダイバーは潜水を熟知している医師に検査して貰い鼓膜、内耳の損傷をチエックする必要がある。そしてその原因の評価と再発防止が大切である。

中耳と内耳の損傷の程度を知る上で聴力検査(オーディーオグラム)は不可欠である。

耳管を開くやすくするための経口抗充血剤(あるいは鼻のスプレー薬)を投与したり鼻や咽喉に感染症があったり、中耳内に出血を認めた場合には抗生物質を投薬する医師もいる。

重症の合併症が治まれば耳を安静にして圧外傷が完治するまでダイビング、飛行機の搭乗、耳抜きは厳禁である。普通、完治するまでに1~2週間を要する。

ダイビングを避けるべき期間は圧外傷の程度による。
医師が圧外傷の完治が確認し、耳抜きが可能になるまでダイビング等は行ってはならない。

鼓膜の破裂があった場合、数日で鼓膜が再生しているようにみえても完治するまでに1~3か月かかる。完治しないうちにダイビングを行うと鼓膜の再破裂を起こる恐れがある。
修復部が完治して耳抜きができるようになるまでダイビングを行ってはならない。
18:06  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2015'03.11 (Wed)

図解:ダイビング耳抜き: 安全なダイビングを楽しむために [Kindle版]

図書館、ネットで調査した耳抜きの資料を纏めた電子書籍をアマゾンのKindle ダイレクト・パブリッシングから発行しました。

下記がその内容。

図解:ダイビング耳抜き: 安全なダイビングを楽しむために [Kindle版]


内容紹介

多くのダイビングをしている方が悩んでいる耳抜き、個人差があり、できない方はなかなか耳抜きができない。

しかし、ダイビングを指導いるインストラクターの方は潜水を繰り返していく内にコツをつかみ、自然に耳が抜ける。

かくゆう私も耳抜くが不十分の為に潜水性中耳炎をおこし、鼓膜を穿孔した経験がある。

そこで、インストラクターが身に着けたコツを文書化、図解化し、子供も含めた安全で楽しいダイビングができるようにと纏めたのがこの小冊子である。



目次

1.潜水物理:ボイルの法則 2

2.耳抜きとは? 5

3.耳抜き(圧平衡)のテクニック 9

4.耳の構造 13

5.耳のスクイズ (SQUEEZE:押しつぶす) 17

6.副鼻腔のスクイズ(圧外傷) 19

7.歯のスクイズおよびリバースブロック: 22

8.マスク・スクイズ 22

9.耳抜きによる圧平衡方法の種類: 24

10.耳管通気法の比較 『潜水医学』より 29

11.実践バルサルバ法(鼻を摘み、息む) 30

12.実践フレンゼル法(横隔膜) 33

13.フリーハンド法 BTV 49

14.耳抜きがうまくなるコツは?? 59

15.子供向け耳抜け指導 60

16.鼓膜が破れた時の対処法: 61

17.耳鼻検査&服薬 62

18.上級フリーダイバー用圧平衡法: 63

19.その他 70





17:12  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2015'01.24 (Sat)

耳の構造


耳は解剖学的に外耳、中耳、内耳に分けられる。

外耳は外から見える耳たぶ耳介)と耳穴から構成される長さは約3cm、
耳介によってとらえられた音波は反射して外耳道に集められ、鼓膜に到達する。

鼓膜は約10mm×9mmの楕円形の形をしており、厚さは約0.1mmであり外耳道に対して45度傾斜している。(目薬の容量は13ml)

中耳は頭蓋骨の堅い骨の部分で囲まれたソラ豆大の空間(平均:8~10cc)で紙のように薄い鼓膜によって外耳と分離されている。

中耳の空洞部分(中耳腔)はふたつの開口部があります。
そのなかで中耳から咽喉につながっている耳管が耳抜きに重要な器官です。
ear

耳は中耳→内耳とつながり聴覚だけではなく、平衡感覚も司り、脳内の脳せき髄液とつながる最も重要な部位である。



中耳内の3つの関門
 中耳は空気で満たされているため、中耳腔(チュウジクウ)とも言います。その中耳腔全体に空気を行き渡らせようとしたとき、狭くて閉じてしまいがちな関所が3カ所あります。その第一関門は空気を取り入れる耳管(ジカン)です。第二関門は、上鼓室の入り口となる鼓室峡部(コシツ・キョウブ)、第三関門は、上鼓室と乳突洞の間です。

乳突洞・側頭骨含気蜂巣とは側頭骨にある多数の含腔を言い、生理学上の機能は不明であるが粘膜を通じたガス交換や、内外圧に対してのクッション層になっている。

鼓室と外気の圧不平衡が生じた場合、耳管を開けば解消するが側頭骨含気蜂巣の粘膜上皮細胞のガス交換によってもある程度の調整はできる。

この機能は耳管の開閉に比較すれば劣るもの、睡眠中の圧平衡ができない状況では重要な働きをしている。

圧平衡がうまくできない場合、はじめ含気蜂巣内の空気によって圧平衡がされる。
その後、含気蜂巣粘膜の膨潤が発生、さらに空気が不足な場合は粘膜細胞破層でリンパ液が滲出する。最終的には粘膜の毛細血管が破裂し、鼓膜の損傷、穿孔に至る。

ear1




耳管:鼓室と咽頭をつなぐ管である。(約33~35mm)
鼓室は耳管と咽頭を経て外部に通じているので鼓室内圧は外気圧と同様に保たれる。
普段は閉鎖しているが唾を飲んだり、欠伸をすることで口蓋帆張筋の収縮により開閉される。
耳管は通常は生体内ガスを排出する為の一方通行となっている(側頭骨含気蜂巣→中耳腔→耳管咽頭口)しかし、外部の気圧が急激に変化したときだけこの一方通行が一時的に相互通行となる。正面から見ると耳管は鼓室から目の下を斜めに繋がっている。
耳管(エウスタキオ管)と咽喉の筋肉に関係を説明します。
2才未満の幼児において、耳管は開ける口蓋帆張筋は嚥下の間、最適化角度でないので耳管を開けることが難しいです。
しかし、子供の頭が成長して、耳管の角度は変わり、口蓋帆張筋はより効果的に耳管を開けることができます。
これは、耳感染症を患う多くの幼児がおよそ2才から耳感染症から脱する理由のひとつです。
ear2
ear4

又、下記が耳管の開口部が口蓋帆張筋と口蓋帆挙筋によって耳管がオープンになった時の写真です。
ear5




TVPMとLVPMの随意収縮により耳管(エウスタキオ管)を開ける。
TVPM:tensor veli palatini muscle 口蓋帆張筋
LVPM:evator veli palatini muscle 口蓋帆挙筋
21:13  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT