FC2ブログ

2015'03.11 (Wed)

図解:ダイビング耳抜き: 安全なダイビングを楽しむために [Kindle版]

図書館、ネットで調査した耳抜きの資料を纏めた電子書籍をアマゾンのKindle ダイレクト・パブリッシングから発行しました。

下記がその内容。

図解:ダイビング耳抜き: 安全なダイビングを楽しむために [Kindle版]


内容紹介

多くのダイビングをしている方が悩んでいる耳抜き、個人差があり、できない方はなかなか耳抜きができない。

しかし、ダイビングを指導いるインストラクターの方は潜水を繰り返していく内にコツをつかみ、自然に耳が抜ける。

かくゆう私も耳抜くが不十分の為に潜水性中耳炎をおこし、鼓膜を穿孔した経験がある。

そこで、インストラクターが身に着けたコツを文書化、図解化し、子供も含めた安全で楽しいダイビングができるようにと纏めたのがこの小冊子である。



目次

1.潜水物理:ボイルの法則 2

2.耳抜きとは? 5

3.耳抜き(圧平衡)のテクニック 9

4.耳の構造 13

5.耳のスクイズ (SQUEEZE:押しつぶす) 17

6.副鼻腔のスクイズ(圧外傷) 19

7.歯のスクイズおよびリバースブロック: 22

8.マスク・スクイズ 22

9.耳抜きによる圧平衡方法の種類: 24

10.耳管通気法の比較 『潜水医学』より 29

11.実践バルサルバ法(鼻を摘み、息む) 30

12.実践フレンゼル法(横隔膜) 33

13.フリーハンド法 BTV 49

14.耳抜きがうまくなるコツは?? 59

15.子供向け耳抜け指導 60

16.鼓膜が破れた時の対処法: 61

17.耳鼻検査&服薬 62

18.上級フリーダイバー用圧平衡法: 63

19.その他 70





スポンサーサイト



17:12  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitanoiruka.blog.fc2.com/tb.php/51-d362817b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |