FC2ブログ

2015'03.23 (Mon)

耳抜きによる圧平衡方法の種類

 耳抜きによる中耳空間の均圧を上手くおこなえば中耳、内耳の圧外傷を予防することができる、水中で水深が変動するごとにこの均圧が必要である。

頻繁に耳抜きをして耳に不快感を感じる前に圧平衡をおこなう。

深度が浅いほど気体の容積変化量が大きいので(ボイルの法則)浅いほど、頻繁に耳抜きを行い必要がある。

耳に損傷を与えないようにあまり力まないで耳抜きを行う。

熟練したダイバーは潜行前にすでに通気の動作を開始しており、簡単に耳抜きができる。

ダイバーの耳管通気について研究したファーマー氏によると潜行を開始して鼓膜の圧力を感じる深度はたかだか0.7mである。

この時、鼓膜に内外圧差も約0.7mで鼓膜と耳小骨は内側に牽引されて耳痛を覚える。

上気道感染症にかかると咽喉や耳管開口部が鬱血して耳抜きがうまくいかなくなる。

鼻炎、アレルギー性鼻炎、喫煙習慣などがあると同じような悪影響がある。

このような状態でダイビングをおこなうのは好ましくない。

*潜水前ダイビング注意ポイント 

潜行前に水面で耳抜きを行う、鼓膜が少しだけ外側に膨らみ、圧平衡ができることが確認することがでる。最初に潜行時に耳抜きを忘れても多少の余裕ができる。

1mほど潜行するごとに耳抜きをおこなう、これは『先取り耳抜き』といって耳に痛みを感じてから耳抜きを行うより楽に耳抜きができる。
どうしても耳抜きができない場合は耳管がロックされた状態となってしまって圧平衡ができないのでそれ以上の潜行は中止する。

これは中耳と咽喉との差圧が大きいために耳管開口部が塞がれているためである。

このような時は少しだけ浮上して耳抜きを繰り返す。

耳抜きができない場合はダイビングを中止する。

足先から潜行すると耳抜きはヘッドファースト潜行よりもずっと楽に行える。

また、片方の耳だけが耳抜きが悪い場合は悪い方の耳を水面に向けておこないと抜けやすくなる。

以下に潜行中の耳抜きのいくつかを紹介する。

バルサルバ法:Valsalva maneuver

この方法は簡単で最もよく使用される。

やり方は鼻をつまんで口を閉じ、ゆっくりと肺から息を送り出す。

こうすることにより咽頭内の空気の圧力が高まり、耳管をとおして中耳内に空気が送り込まれる。

咽喉内に感染源があるとこれも耳管を通して中耳内には入り込み、感染症を引きおこす。

上気道感染症があるときダイビングを避けなければならないもうひとつの理由がここある。

バルサルバ法を行うときは顎を動かしたり、下顎を前に突き出しようにすると耳管の通りが良くなります。

バルサルバ法の欠点は息を吹き込み過ぎると内耳損傷を引き起こす可能性があります。

もうひつつの欠点としてはヘルメット潜水器を装着していると指で鼻をつまめないことです。下記にYoutubeで公開しているバルサルバ法を紹介。


フレンツェル法:Frenzel maneuver

耳管に穏やかに空気を送り込み、耳管を開く方法です。

具体的には鼻をつまみ、唇をマウスピースに蜜着させ、声門を閉じ、舌の後方を軟口蓋(咽頭の奥=上咽頭)に押し当てる方法である。
この動作は口腔と上咽頭に捉えた空気のかたまりが筋肉の収縮により開いている耳管に穏やかに押し込むことができる。

現在、最も安全で確実な方法としてフレンツェル法が良いとされている。

というもの、耳管通気は最小の空気量で中耳腔を外耳道圧(ダイビングでは水圧)に平衡させなければならない。

この耳管通気の空気量は平均 毎秒1.3mlであり、潜行時には浅い深度ほど、ボイルの法則がきいて気体容積の変化がおおきい。

このため、海水から水深 5m までが通気の良し悪しを決めることになる。

下記にYoutubeで公開しているフレンツェル法を紹介。



トインビー法:Toynbee maneuver

鼻をつまんで唾を飲みこむ動作をして耳管を開いて中耳に空気を入れる方法です。

この方法では耳管が一瞬、開きますが少量の空気しか中耳に入り込みません。

バルサルバ法より効果的ではありませんが耳に損傷を与えない方法です。 

*嚥下運動が起こると口蓋帆張筋が収縮して耳管を開く中耳腔産出のガスが耳管を通って外に出る(大気圧環境)上にYoutubeで公開しているトインビー法を紹介。



ヨーング法:Yawning
 *あくびをすると耳管が開放し、鼻腔内の空気が中耳腔の送り込まれることにより耳抜きが 可能となります。空気を無理に送り込まない方法なので、耳管に負担をかけない安全な方法です。

フリーハンド法:(French: béance tubaire volontaire (BTV) )

欠伸をすると自然と時間が開きます。

耳管は唾を飲んだり、欠伸をした時に瞬間(0.3秒)だけ開閉します。

l耳管閉鎖症の訓練

退化している耳管開口部とその周囲、耳管全体、耳管峡部との周囲の神経と連動する筋肉をトレーニングして、意識して耳管を開く訓練をします。

普段使用していない筋肉、神経をはじめは意識して動かすことから始めます。

下記にYoutubeで公開していをBTV法を紹介。





スポンサーサイト



16:36  |  耳抜き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitanoiruka.blog.fc2.com/tb.php/58-8db91147

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |